日本・アジア新興国・豪州・米国・・・国境を超えて投資する人のためのポータルサイトです。

9月29日 バングラデシュ土地投資セミナー@東京

セミナーおよび勉強会情報

アジア太平洋大家の会主催セミナーに限らず、有益な勉強会を随時ご紹介いたします。できるだけ参加して海外投資のリテラシーを高めましょう。


<< 2017.9 >>
[勉強会&セミナー情報]
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

左のカレンダーをクリックして、イベントの確認をしてください。これから行われる直近の10件については、下欄でもご確認いただけます。

2017/9/29 (金)

9月29日 バングラデシュ土地投資セミナー@東京

人口密度世界一!日本の1/3、狭い国土に1億6千万人が暮らす国バングラデシュ。平均年齢22歳、経済規模はミャンマーの3倍、年率7%の経済急成長が続き、伸びしろは巨大。アジア最後発の国ゆえ、「比較的少額で自ら土地から仕入れて大きな利益を得る」ことが可能です。海外コンドミニアムを買うのではなく、首都の土地にこだわって大きな利益を手にしよう。

画像の説明

画像の説明


今年3月9日のセミナーで紹介した「交差点そば土地」が好評完売。あまりに好評により今回は一段と面白い「モノレール建設地そばの土地」を紹介します。



皆様は海外不動産投資と聞くと、「あぁ、海外コンドミニアム投資か」と思われるかもしれません。

海外コンドミニアム投資は、投資家がコンドミニアムに投資をする。そして、家賃収入をとりながら、売却して値上がり益をとる…これが通常の海外不動産投資と呼ばれるものです。

しかし、今回の話は違います。この投資の反対側に回るのです。つまりコンドミニアム用地を投資家に売る側に回るのです。

なぜか?

新興国の不動産は、客として買うよりも、売り側に回った方がはるかに利益率が高いのです!

画像の説明

具体的には、どうするのか?

土地を仕入れて一工夫する」のです。。

例えば、「まだ価値のない土地」を仕入れて、「付加価値をつけ」ると利益率が最も高くなるのです。

土地側に回った方が利益率が高いのは、いまコンドミニアム投資で人気の国、フィリピンやタイ、ベトナムなどでも同様。ですが、これらの国で自らデベロッパーになるには、多額の資金(数億~10億円)が必要となります。

しかし、バングラデシュはさらに後発な国ゆえ、数千万円とか1億円程度でも立派な開発事業者になれてしまいます。

そして、フィリピンとタイの合計にほぼ等しい、人口1.6億人のバングラデシュ。住宅需要は巨大です。経済急成長に伴い、富裕層も爆発的に増えています。

画像の説明

これまでと一味違った不動産(土地)投資、後発国ならではの大きな利益獲得のチャンス。是非、話を聞きにきませんか?


講師:佐藤 ひろき氏

元大手メディアの報道記者、アジア担当。アジア投資のエキスパートであり、各国に事業法人と不動産を所有。独自情報満載のセミナーは多い時で参加者300人を超える。税理士法人や大学やテレビにて講演も多数。説明が上手く、セミナー内容に迫力があり、スイスイと頭に入る分かりやすさが評判。これまで20万人以上に投資を伝授。

■日程
2017年9月29日(金) 19:00~21:00

■会場
東京都港区芝浦2−14−13 MCK芝浦ビル4階 (最寄り:JR田町駅)

■セミナー参加料金:1,000円
(APHOC有料会員は無料招待いたします。)

2017年9月29日(金)19:00~21:00

お申し込みは、こちら



a:997 t:8 y:35

2017/10/12 (木)

10/12 高利回りバリ島不動産投資セミナー@東京

アジアを代表する観光地「バリ島」は、外国人が原則として不動産所有できないインドネシアにおいて、例外的に、在住外国人による「借地不動産」マーケットが確立された地域です。セミナーでは「10%以上の高利回り」にこだわり、かつ出口もとりやすい優良収益物件を紹介いたします。


画像の説明


アジアを代表する観光地「バリ島」は「やおよろずの神々の島」。寛容な宗教観と独特な文化風土が、アジア、オセアニア、欧米、中東など世界中の観光客をひきつけます。その来訪者数の伸びは大きく、ここ数年は外国人客だけで年率10%以上のペースで伸び続けています。

短期滞在の観光客だけでなく、バリの風土に魅せられ、長年居住している外国人が、欧米系を中心に数万人単位で存在します。その数は年々増えています。


画像の説明


私たち外国人がバリで不動産投資する際、権利的には「定期借地」(建物は借地に付属)になりますが、ヴィラ(土地付き一戸建タイプ)を買って旅行者・ロングステイヤー向けに貸して高利回りが期待できます。また借地ヴィラの売買も活発なので、需要のある地域で借地期限更新できる物件を買えば売却も比較的容易で、タイミング次第でキャピタルゲインも期待できます。

今回のセミナーでは、

・高利回りにこだわる!年10%以上で回る収益物件を紹介します
・賃貸運営で得た現金を、バリ現地の金融機関で高利回り運用する方法も紹介します。


投資対象としても、また『収益別荘』として楽しい活用もできるバリ島不動産の魅力をお伝えします。

画像の説明


講演者:三上純平 氏

画像の説明

バリ島不動産倶楽部(株式会社IIN)代表。日本国内でホテル12軒、雑貨製作販売、家庭教師派遣、おもちゃECビジネスなど8社を経営、バリ島では不動産事業を行う。投資ではホテル、貸ビル、駐車場、太陽光発電、バリ島のヴィラなど複数の不動産を所有し、株式やFX、事業投資の経験も豊富。
長い事業経験のなかで、詐欺に遭う、会社を失う…数え切れない失敗をしながらバリ島不動産事業で復活した経験を元に、若者の起業や事業再生のお手伝い、また子どものための事業をやりたいと考えている。
「バリ島投資のメリットは収益性もありますが、ワクワク感があって、単純に楽しいです」。リスクが取れる人、遊び心がある人には向いています。

■日程
2017年10月12日(木) 19:00~21:00

■会場:パズル一番町 セミナールーム
千代田区一番町10-8一番町ウエストビル5階(東京メトロ「半蔵門」、「麹町」より徒歩3分)

会場までのアクセス(リンク

■参加料金:1000円
(※APHOC有料会員は無料でご招待いたします。)

2017年10月12日(木) 19:00~

お申し込みは、こちら



a:357 t:6 y:25



a:29631 t:6 y:20

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional