日本・アジア新興国・豪州・米国・・・国境を超えて投資する人のためのポータルサイトです。

10/20 フィリピン(セブ商業物件)不動産投資セミナー

10月20日 フィリピン(セブ商業物件)不動産投資セミナー

大好評につき、セミナー第二弾開催!美味しいタイ料理に舌鼓を打ちながら、フィリピン第二の都市・セブ商業物件のお話、聞いてみませんか?

画像の説明

東京の山の手、ちょっとハイソでおしゃれな街「広尾」にある、アートギャラリー付きのお洒落なタイレストラン&カフェ「サムロー」が会場。

美味しいタイ料理ランチ付きで、4,500円という低価格でご案内いたします(有料会員は特別割引3,500円でご招待)。

今なぜ、フィリピン・セブの商業物件なのか?

経済成長著しい、アジア新興国では、レジデンス(居住用物件)より、商業物件の方が値上がりが早く、賃貸利回りも概して良い。実際、フィリピン人の友人も、商業物件の転売で、大きな利益を上げています。

とはいえ、フィリピンに住んでいないと、商業物件の情報は、なかなか入ってきません。普通、住居物件の1階とか2階部分に、商業物件を分譲するわけですが、戸数が少ないので、瞬く間に売れてしまう。

ところが、たまに、商業店舗専用のプロジェクトが出ることがある。SOHOとか、ビジネスセンターとか呼ばれますが・・・10数階、あるいは20数階建てのビルの全部、あるいは大部分が商業用途で分譲されるから戸数も半端なく多く、地元に住んでない外国人でも買えるわけですね。

フィリピンの場合、商業物件も、居住用物件も、未完成(プレビルド)の状態で、買うことができます。居住用物件と同様、多様な支払スキームが準備されています。

一括して現金払いしてディスカウントを得る方式もあれば、完成前の数年間で、月々数万円を、徐々に払っていく、緩い支払いスキームも用意されています。

良い話なので、皆さまに紹介したい・・・ということで、「セブ商業物件セミナー」をお届けすることになりました。


プレゼンター:佐藤大悟氏

セブで英会話学校FEA(Firstwellness English Academy)を経営する日本人事業家で、かつ同市内にコンドミニアム10戸を所有する、「不動産大好き」投資家。

佐藤さんは、セブ在住なので、Skypeでつないでセミナーを行います。約1時間のセミナーでは、下記について、ご紹介していきたいと思います。

◎物件の概要、特徴
◎商業物件投資の特徴(住居物件と比較して・・・)
◎契約の流れ
◎支払スキーム
◎利益確定のシナリオ
  1)完成時(2016年)に売却した場合
  2)2020年までホールドした場合
◎フィリピンで、マニラよりもセブをオススメする理由
◎セブ不動産投資の勝ちパターン

質疑の時間もたっぷり確保します。

■日程
2012年10月20日(土)
12:45~15:45(開場12:30~)

■場所
タイ料理サムロー(SaamRoa)広尾店
東京都渋谷区恵比寿3-45-6
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13045506/

最寄り駅 :東京メトロ日比谷線 広尾駅 徒歩8分
      JR山手線 恵比寿駅 徒歩12分
 
参加料金:ランチ付き4500円 (有料会員は3500円)

2012年10月20日(土)12:45~

お申し込みは、こちら



a:2262 t:1 y:0

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional