日本・アジア新興国・豪州・米国・・・国境を超えて投資する人のためのポータルサイトです。

7/31(水) 英国リバプール学生寮投資セミナー

7/31 英国リバプール学生寮投資セミナー

英国不動産で最高の投資パフォーマンスをあげている「プレミア学生寮投資」。ビートルズの故郷・リバプールで小額から投資できる、高利回りプロジェクトが発足しました!

1.「学生寮は英不動産マーケットで最良のアセットクラス」

イギリスの学生寮投資は過去2年間で大きな成長を遂げ、現在ではイギリスの一般的な不動産を大きく上回る速度で成長を続けています。2012年、英タイムズ紙は学生寮投資の急速な成長と確実性を評価し、イギリスの不動産マーケットで最良のアセットクラスであると報じました。

英不動産会社大手のナイトフランク社が2012年が発表したレポートでは、「国内の景気が低迷しているにも関わらず、学生寮投資は着実に利益を生んでおり、その成長の勢いは他のアセットクラスを凌いでいる」と報告しています。

また、英最大手のマーケット調査会社であるBDRC Continental社が、2011年に行なった調査によると、「最も高い利回りを生んだ不動産投資の種類は学生への賃貸」だという結果が出ています。

2010年、学生寮の平均表面利回りは13.5%と非常に高く、一般的な住宅や商業物件への投資よりも高いリターンを生んでいます。


2. 英学生寮マーケットの特徴

2012年、イギリスにある大学は合計で465,000の学生を受け入れるキャパシティーを準備しましたが、実際は653,600と予想を大幅に上回る出願数となりました。この傾向は2010年以降も続いており、特に留学生が多く入学する有名大学では特に強くなっています。こういった有名大学に留学する学生は資金が潤沢のため、学生が住む一般的なアパートではなく、コンシェルジュ、ジム、セキュリティーなどの施設が付いたモダンな学生寮に好んで入居します。

また、ナイトフランク社の学生用物件の責任者は「イギリスでは学生用住居の供給が不足している。一週間の家賃が200ポンド以下の学生用の住居への需要は非常に強いが、供給が全く追いついていないため、学生寮は素晴らしい投資機会と言える」と説明しています。

このため、学生寮の賃貸価格は年々上昇を続け、2005年から2010年までに34%の上昇を遂げました。また、投資物件としては非常に魅力的である要素として年間の空室率が2%以下であるという点があげられます。


3. ご紹介する物件の特徴

画像の説明


セミナーでご紹介する学生寮は合計で2つで、学生の街として有名なリヴァプールとブリストルで建設が進んでいます。両方の学生寮は付近にある大学などを含む高等教育機関から徒歩圏にあり、通学は非常に便利な立地にあります。また、リヴァプールとブリストルは大学を中心に街が構成されていますので、この2つの学生寮の周りには生活する上で必要なスーパーマーケット、ブティック、レストラン、カフェなど多くの商業施設があるため、学生からの人気が非常に高いです。

画像の説明


ご紹介する物件は全てワンルームとなります。広さはおよそ18㎡~20㎡で、全ての部屋にはそれぞれキッチン、トイレ、浴室が備え付けられます。その他にも、ベッド、勉強机、本棚、テレビ、イス、電子レンジ、冷蔵庫、クローゼットなどの必要な家具が全て物件価格に含まれているため、こういった家具を揃える手間が省けます。

画像の説明


寮の中には24時間のセキュリティー、IDカード認証が必要なエントランス、コンシェルジュ、ラウンジ、WiFiエリア、ミーティングルーム、勉強室、ジム、ビリヤード場、テレビゲーム場、洗濯室といった施設が建てられます。

さらに、これら学生寮の最大の特徴として「賃貸実質利回り保証」があげられます。リヴァプールの学生寮には購入から2年間は実質利回り9%、そしてブリストルの学生寮に購入から5年間は実質利回り7%を、デベロッパーが保障します。

【講演内容】

1. イギリスの学生寮に投資をすべき理由

2. 投資物件の紹介

3. 購入後の投資戦略

4. 不動産購入のプロセス

5. 不動産投資にかかる税金と諸費用


プレゼンター:Definitive Property Group Limited (ディフィニティブ不動産グループ)

ディフィニティブ不動産グループは、ロンドン不動産ビジネスにおいて15年間活躍してきたアンドリュー・ウェスコットにより設立された不動産コンサルティング会社です。ロンドンを拠点とし、中東、欧州、日本の投資家に対してロンドンとイスタンブールの新築/中古の投資物件を紹介し、購入のプロセスのサポート、投資戦略の提供、購入後のマネジメントといったサービスをご提供しています。

イギリス学生寮投資セミナーでは弊社を代表して、以下の二名がプレゼンテーションを行ないます。

Andrew Westcott (アンドリュー・ウェストコット)

イギリス人、ディフィニティブ不動産グループ傘下にある3社の代表取締役を務める。

20代の頃から、ロンドンの不動産ビジネスで活躍。これまでの経験から、通常はマーケットに出ないプライム・ロンドン地域におけるオフ・マーケットに精通し、多くの物件を中東や欧州のクライアントに売却してきました。イスタンブールを含む中東エリアに太いパイプを持ち、イスタンブール不動産マーケットを隅々まで熟知しているエキスパートです。当日は皆さまのご質問にお答えいたします。

清水 泰輔(しみず だいすけ)

日本人、極東・東南アジア地域担当セールス・ディレクター。

イギリスの大学を卒業後、ロンドンの不動産ビジネスの世界へ。イギリスでの生活は6年目に入り、これまでに多くのロンドンとイスタンブールの投資物件を日本人、中国人、マレーシア人などに売却。当日はプレゼンテーションと通訳を担当いたします。

■日程
2013年7月31日(水) セミナー19:00~21:00

■会場 
ちよだプラットフォームスクエア 503号室

■会場までのアクセス(リンク

■セミナー参加料金:2,000円

2013年7月31日(土)19:00~

お申し込みは、こちら



a:3577 t:3 y:2

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional