日本・アジア新興国・豪州・米国・・・国境を超えて投資する人のためのポータルサイトです。

8月24日 ミャンマー不動産セミナー@東京

8月22日22時まで早期割引中です。

8月24日 ミャンマー不動産セミナー@東京

いま、日本企業のビジネス進出で人気沸騰中の「ミャンマー」。首都ヤンゴンで、「東大卒ミャンマー人留学生」による賃貸管理サポート、「日系企業の客付け営業」との両輪で、信頼性の高い不動産投資スキームをご紹介いたします。


【世界最大級の仏教寺院、シュエダゴン・パゴダ】
※ヤンゴンのランドマークですね。

画像の説明

【各地で、コンドミニアム建設がすすむ】
※「20年前の中国」、いまミャンマーの地で再現か?

画像の説明


東南アジアの「未完の大国」ミャンマー。まだ「開国」したばかり、近代化、産業化が、すべて今からはじまる状態で、先行者利得を得ようと、ヤンゴンには世界各国のビジネスが進出してきています。

ポテンシャルは抜群。国土は広く、人口も多い、資源もある、識字率は高く、英語力にすぐれ、中国とインドの間にある絶好の立地条件、海もある・・・APHOCとしては、是非とも不動産セミナーを企画したい国の一つでありました。

魅力十分ですが、制度の未整備ゆえ、難易度も高いミャンマーでの不動産投資。今回は、次の条件がクリアされたので、セミナーを開催することにしました。

・信頼のおけるパートナーとの関係構築
・外国人名義で不動産の所有権を持てないリスクの解消


今回、セミナーでご紹介するのは、二物件。

1)「ヤンゴン都心部の、商用・住居併用物件」

首都ヤンゴンでは、世界中から進出する企業の賃貸需要に比べ、外国人でも安心して住めるレベルのオフィス、住居が極端に不足しており、現時点では都心部を中心に、賃料が高騰しています(場所によっては、東京都心とそう変わらない!)。

それに伴い、売買価格も高騰していますが、そのなかで、「都心でも比較的リーズナブルな価格で買えて」、かつ「一つの物件でオフィスと住居を兼ねられる」タイプの物件が、日系進出企業の需要も高く、投資向けには面白いと考えています。


2)「ヤンゴンと、経済特区ティラワの中間にある、高級住居物件」

ヤンゴンから、川を隔てた対岸に、建設中の高級コンドミニアムを紹介します。都心部よりずっと安い値段で買える上、かつ「敷地内ゴルフ場つき」、「インターナショナルスクール付設」で、駐在員にも安心して住める環境です。かつ、日本企業の大量進出が期待される経済特区にも便の良い立地で、安定した賃貸需要が期待できます。



購入サポートや物件管理、賃貸づけに関しては、次の体制で臨みます。

・ ミャンマー出身、在日22年、関西学院と東大の大学院を卒業。現在はヤンゴンに戻り、母国での不動産ビジネス創出に意欲的な「ミョウ・ミン・スウェさん」が、日本語でサポートします。

・ 「外国人専門の不動産屋」、「外国人ゲストハウス」というユニークなビジネスを首都圏で展開。アジア各国の留学生と企業に太いパイプを持つ「上原雅登さん」が、日系企業の入居づけを担当します。

セミナーでは、「JETROヤンゴン事務所」から入手した、確度の高い、日系企業進出情報と、賃貸需要予測をもとに、最適な立地、間取りを選び、ご紹介いたします。


プレゼンター:ミョウ・ミン・スウェ氏

ヤンゴン出身。1991年来日。難民から身を起こして、苦学の末、関西学院と東大の大学院を卒業。ミャンマーと日本を結ぶ架け橋として幅広く活躍。今年5月に帰国し、母国ミャンマーの経済発展に乗った不動産ビジネス創出に取り組む。3ヶ国語を話す一児の父。


プレゼンター:上原雅登氏

東京出身。高田馬場で、外国人専門の不動産店「空間○不動産」を経営するかたわら、東京都と神奈川県で「外国人専門ゲストハウス」を運営。日本人家主向けに「外国人向け身元保証システム」を考案・紹介した人物としても知られる。ビジネスを通じて培った、アジア留学生との堅い絆を、ミャンマービジネスで開花させたいと、情熱を燃やす。

■日程
2013年8月24日(土)
13:30~17:00(開場13:15~)

■場所
神田ニューセントラルホテル 2F大会議室

住所 : 東京都千代田区神田多町2-7-2
最寄駅: JR神田駅西口より、徒歩2分

会場までの地図(リンク

■参加料金:5000円
■早期割引料金:3000円

2013年8月24日(土)13:30~

お申し込みは、こちら



a:4236 t:2 y:1

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional