日本・アジア新興国・豪州・米国・・・国境を超えて投資する人のためのポータルサイトです。

5月22日 オーストラリア不動産セミナー@東京

5月22日 オーストラリア不動産セミナー@東京

自然豊かで住みやすいと定評のあるオーストラリア。その不動産の魅力と可能性を説明し、高品質かつインカムゲインとキャピタルゲイン上昇を望める、価値ある住宅をご紹介いたします。



ゴールドコーストの郊外住宅地


周辺アジア各国の経済と共に、オーストラリア経済は堅調に伸び、その不動産価値も住宅需要とともに上昇しています。賃貸家賃(インカムゲイン)と不動産価格(キャピタルゲイン)の伸びの双方が期待できる『ダブルベネフィット』と呼ばれるオーストラリアの不動産は、海外でも人気であり、投資家の皆様のも管理しやすい環境を整えてあります。

今般は、シドニー在住でビジネスコンサルタントをしておりますグローバルインテリジェンス マネージメント 代表 鶴 美枝より、日本にいても管理できる、日本人でも購入できる価値ある豪州の不動産物件についての解説をさせていただければと存じます。

オーストラリアは、伝統的に富裕層そして一般市民においても不動産投資に対する理解が深く、富裕層の8割は不動産によって富を築いたとされています。広い国土とのんびりした国民性、自然の宝庫であることなどで80年代は日本人観光客にも非常に人気があったのですが、2000年のシドニーオリンピック以降より物価、給与、不動産などが人口増加とともに顕著に上昇しつづけました。

中古物件であっても値段の下がらず、物件内部を定期的に点検できるなどオーナーの権利が強いことなどから、不動産で資産運用をする層は厚く、政府もその点について配慮を怠りません。リーマンショック時にその影響が他国と比較し軽いままで済んだと言われるのは、当時の首相が新規不動産購入者に補助金を出す施策を出したことにあるとされています。また、ご存知の方も少ないかもしれませんが、5大銀行のすべてが世界TOP20銀行にランクインしているという金融安定国でもあります。

人口増加率は、インド並みの1%を超えておりますが、移民対策にしてみても大変戦略的で学歴、職能、財力、英語力などを考慮し未来志向の国つくりをしていると言えましょう。

永住権、市民権をお持ちでない方であっても2種類の物件の購入が可能です。一種類は政府が制定し外国人のみに許された地域と新規住宅です。当方は、クオリティ高く将来のインカムゲインとキャピタルゲイン上昇を望める価値ある住宅をご紹介する予定です。ご期待下さい。


ゴールドコーストの郊外住宅地




画像の説明

講演者: 鶴 美枝 (つる みえ)
グローバル インテリジェンス マネージメント 代表取締役

豪州公立大学 ウエスタンシドニー大学 法学部大学院卒。九州国際大学 法学部大学院卒 共に国際商法専攻(福岡生れ、関東周辺及び北九州で育つ)。

東陶機器株式会社 国際事業本部で筆頭専務など重役秘書に従事、その後100万部発行の編集長を経て退社。オーストラリアにて現地学生のTOP5%しか入学できない法学部にて、修士をおさめる。

弁護士事務所勤務を経て2010年独立、ビジネス、法律、教育、投資不動産の4つを軸としてプレミアムサービスを行うビジネスコンサルタントとなり、日本の投資家の皆様のサポートをいたします。

■日程
2014年5月22日(木) 18:30~21:00

■会場 
神田ニューセントラルホテル 地下会議室
(JR神田駅西口徒歩2分)
http://www.pelican.co.jp/newcentralhotel/access.html

■セミナー参加料金:3,000円

2014年5月22日(金)18:30~

お申し込みは、こちら




a:2916 t:1 y:2

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional