日本・アジア新興国・豪州・米国・・・国境を超えて投資する人のためのポータルサイトです。

6月2日 600万で快速償却!米国テキサス物件セミナー@東京

6月2日 600万で快速償却!米国テキサス物件セミナー@東京

全米で人口第4位の大都市、テキサス州ヒューストンで、約600万円から所有できて、現況賃貸中で、4年の快速償却がとれる、日本投資家向けの物件がついに登場しました。米ドルのキャッシュフローと節税効果、個人でも法人でも投資可能、日本語で購入サポートと管理サービス付…メリット満載な投資案件の話を聞きにきませんか?

画像の説明


NASAの宇宙センターで有名なテキサス州ヒューストン。米国南部の経済の中心地にして、全米4位の都市圏人口600万人を擁し、急速に発展中。

そのヒューストンで、日本人投資家、特にサラリーマンが投資メリットを受けやすいように考え抜かれた物件が登場しました。

○1~2ベッドルームの区分コンドミニアム。
○6万USドル~のお手軽価格で分譲。
○テナント入居状態で引き渡すので、購入後すぐに家賃収入が得られる。
○賃料は月額650ドル~が見込め、空室リスクも低い。
○木造で築34年なので、日本の税法上4年間の快速償却ができる、総額に占める建物比率は80%。
○購入サポートのみならず、管理も日本語のみでOK。

家賃収入でプラスのキャッシュフローを得ながら、投資後最初の4年間は減価償却メリットを得て節税もできる。さらに、

○物件価格の50%のセラーズファイナンス(売主融資、年利5%、3~6年)も選択可能。

つまり、6万ドルの物件を買って、セラーズファイナンスを使えば、「一戸あたり3万ドルから投資」も可能なのです。

画像の説明


ところで、この投資案件は、「テキサス不動産投資で痛い目にあった、2名の日本人投資家」により、つくりだされました。

この2人は失敗にめげることなく、毎月のようにテキサスに通い管理会社の変更や入居率アップにチャレンジするなかで、信頼できる現地パートナーに出会いました。

そして、「自分たちの失敗の轍を踏まぬよう、テキサスで日本人投資家が安心して投資できる案件」を現地パートナーと共に構想した結果、現在のかたちの投資案件になりました。

プロ投資家が、満を持して出す、テキサス投資案件の話を聞こう・・


画像の説明

【セミナー講師】Matt Takahashi氏
Houston Investment Trust代表

慶応大学卒業後、経営コンサル会社勤務。事業投資、M&Aを手掛ける会社を創業後、不動産投資業務に着手。国内外に一棟物を中心にハイレバレッジ投資し、屋上BBQや社員寮活用など常識に挑戦するスタイルを貫く。数々の失敗を不屈の闘志で乗り越える。パスファインダー。アメリカ、東京、バンコクで案件発掘に勤しむ。


画像の説明

【セミナー講師】奈辺卓美(なべたくみ)氏
日系IT企業16年、外資系IT企業に11年間勤務。米国ITバブル時代には北カリフォルニアに3年間の駐在勤務を経験。不動産投資は、若き20代のバブル終焉期にキャピタルゲイン狙いの投資するも大敗。しかし、以来15年間の不動産投資への封印を解き、7年前に始めたキャッシュフロー狙いのサラリーマン兼業不動産投資活動で「総資産20億円、 年間家賃収入2億円」を達成。現在は後輩を育成指導しつつ、2013年に出版デビュー。セミナー開催や不動産投資活動をグローバルに続行中。


■日程
2016年6月2日(木) 19:00~21:00

■会場
東京都渋谷区渋谷2-6-12 ベルデ青山ビル5F
(JR山手線「渋谷」駅 徒歩8分、東京メトロ「表参道」駅 徒歩8分)

会場までのアクセス(リンク

■参加料金:1000円
(※APHOC有料会員は無料でご招待いたします。)

2016年6月2日(木) 19:00~

お申し込みは、こちら




a:1248 t:1 y:0

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional