日本・アジア新興国・豪州・米国・・・国境を超えて投資する人のためのポータルサイトです。

2016/6/9(木) ハワイ不動産の魅力徹底解説セミナー@東京

2016/6/9 ハワイ不動産の魅力徹底解説セミナー@東京

ハワイ不動産を隅から隅まで知り尽くしたプロ講師が来日講演。値上がり益を狙える物件、減価償却メリットが最大になる物件、バケーションレンタルで賃貸益を得やすい物件等、多彩な魅力を持つハワイ不動産の投資手法を徹底解説します

画像の説明



常夏の楽園、世界中が憧れるリゾートアイランド・ハワイ。そのブランド価値はゆるぎなく、不動産価値の面でも、全米屈指の安定感を誇っています。2007~8年のリーマンショックでの下げ幅は小さく、他州に先駆けてV字回復を果たしたハワイ(ホノルル)の不動産。

画像の説明


ハワイの不動産価格はここ30年で、戸建は4.4倍、コンドミニアムは4.3倍に値上がりしており、キャピタルゲインの面でも他州を大きく上回るパフォーマンスをあげています。

画像の説明


ハワイで不動産投資する目的は各自それぞれですが、大きくわけると、次の3つがあります。

・値上がり益狙い
・減価償却狙い
・賃貸収益狙い

値上がり益を狙う場合は、たとえば「コンドミニアムの優先販売開始時に安く買う」…タイミングにもよりますが、竣工後再販時に数10%のキャピタルゲインが得られることがあります。また、高級住宅地の一戸建でも値上がりのチャンスは十分あります。いずれも、物件を正しく選ぶ目利きの力は欠かせません。

画像の説明

次に、減価償却益を狙う場合は、たとえば「中価格帯の中古タウンハウス」がおすすめ。ハワイは建物比率が70~80%と高いうえに、木造で築22年以上、日本の税法で4年間快速償却できる物件は豊富にあります。しかも、底堅い実需に裏打ちされているので、資産価値の面でも安定しています。

画像の説明


最後に、賃貸収入を狙う場合は、通常賃貸でも良いですが、人気観光地の特性を活かした「バケーションレンタル」も、ハワイではひろく普及しています。旅客需要の高いエリアで、法律要件をクリアした物件を短期貸し運営すれば、高い利回りを狙うことも可能です。また、住みたい時に自分や家族で住み、それ以外は貸し出す「収益型別荘」としての活用ができます。

画像の説明


ハワイ不動産について、深く、実践的に学びたい方は、是非ご参加ください。


画像の説明

プレゼンター:三澤剛史 氏
Hawaii 5-0 Group Inc. (Executive Vice President)
ハワイ州国際不動産評議会(HIREC) 顧問
前全米リアルター協会(NAR) アジア・太平洋地区統括責任者

1980年 渡米、カリフォルニア州で住宅・不動産大手企業やメディアに籍を置き、フランチャイズ事業、リアルター、ディレクターとして活躍

2012年 イギリスの英国王立チャータードサベイヤーズ協会(RICS)の日本法人設立および、日本の関連団体、不動産証券化協会(ARES)、日本不動産鑑定士協会、日本不動産研究所との提携関係を結ぶ際の仲介役を務める

日米はもとより、シンガポール、マレーシア、タイ、フィリピン、香港、中国などの不動産協会とのネットワーク構築や業務提携にも尽力。 不動産業界組織や関連会社の国際不動産コンサルティング業務のほか、セミナーの講演、執筆活動も行う。

■日程
2016年6月9日(木) 19:00~21:00

■会場 
東京都渋谷区渋谷2-6-12 ベルデ青山ビル5F
(JR山手線「渋谷」駅 徒歩8分、東京メトロ「表参道」駅 徒歩8分)

■会場までのアクセス(リンク

■セミナー参加料金:3,000円
(APHOC有料会員は無料で招待いたします。)

2016年6月9日(木)19:00~

お申し込みは、こちら



a:2325 t:1 y:0

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional