日本・アジア新興国・豪州・米国・・・国境を超えて投資する人のためのポータルサイトです。

9月2日 ハワイに収益別荘を持とう@大阪セミナー

9月2日 ハワイに収益別荘を持とう@大阪セミナー

1ドル=100円の円高時代到来!千載一遇?のチャンスに、憧れのハワイで自分の物件を持ってみませんか?普段はバケーションレンタル(旅行者向け短期貸し)で家賃収入を得て、好きな時にハワイに行って自分で使う、その遊び金は物件が稼いでくれる「収益型別荘」を提案します。会長Manachanも投資している、「AirBnBを使わない安心管理システム」でハワイの不動産オーナーになってみませんか?関西初登場セミナー

画像の説明


世代を問わず、多くの日本人にとって、最も身近で人気抜群の海外リゾート「ハワイ」。

「毎年、ハワイで家族と過ごす」方も多いですが、当地のホテル代や現地物価は高騰中、滞在費は決して小さくありません。そのお金を「自分の物件が自動で稼いでくれたなら」どんなに良いでしょう?そのニーズにぴったりなのが、「バケーションレンタルを使ったハワイの収益型別荘」。

たとえば、観光客ニーズの高いワイキキの中心地で1部屋タイプの不動産を買い、きれいに内装して家具を揃えて、現地のバケーションレンタル専門の業者に管理を任せた場合、典型的にはこんな数字になります。

○物件代金+内装代が30万ドル台。
○1泊の賃料が平均100~140ドル。
○年間を通じた稼働率が80~90%
○年間のうち、10~20日オーナーが自己使用しても、
○管理組合費、電気代、諸税、管理代行料等を引いても、オーナー手取りが1~2万ドル残り、滞在費としては十分
○購入サポートも管理も日本語のみでOK。

画像の説明


ところで、ハワイは「無許可で民泊禁止」なのをご存じでしょうか?当地では旅行者に短期貸しできる物件が、法律や管理規約で決められており、短期貸しする場合は、管理組合のルールを守り、かつ州にホテル税を支払わなければなりません。

ですが現実には、ルールを守らない業者やオーナーが多数を占めているため、ハワイ現地では民事訴訟や社会問題に発展しています。AirBnBなど民泊サイトの発展が、その傾向に拍車をかけています。そのような非合法状態で民泊をやっても、物件オーナーは少なからぬ経営リスクを負うことになります。

またどの国でも、不特定多数を宿泊させる民泊に伴う問題として「物品の盗難、破損、汚損」が、オーナー収益を損なう要因として存在します。そこで、

○AirBnBを使わない、独自の集客ルート・ノウハウを持ち、
○すでに10年もハワイで営業している日系最大手のバケーションレンタル専門業者に管理をお任せして、
○「宿泊者と業者が必ず対面する」安心度の高いシステムで収益をあげ、
○法律規則もしっかり守って税金も払い、長期にわたってハワイと良い関係を築く

上記の方式で運営される、合法的にバケーションレンタル可能なハワイの収益物件を、セミナーでいくつか紹介します。


画像の説明

【セミナー講師】北川崇志(きたがわたかし)氏
有限会社SENCA代表、アクシブ社パートナー

画像の説明

大阪府出身。飲食、海洋土木、不動産事業を営む有限会社SENCA代表。大阪市内で二棟の物件を民泊運用中。ハワイには長年通いつめ、現地のビジネス界に友人知己が多い。ハワイにおけるバケーションレンタル日経最大手のアクシブ社と業務提携中。

講演者:鈴木 学氏

画像の説明

約2000名もの会員を擁する「アジア太平洋大家の会」会長。大学卒業後、ITエンジニアとして世界で活躍。現在世界5ケ国で不動産を所有している。業界紙コラムの執筆や海外不動産セミナー講師の依頼も多く、ほぼ毎日更新されるブログは不動産投資家の間で人気を博し、中国語でも不動産情報を発信中で中国や台湾にもファン多数。


■日程
2016年9月2日(金) 18:30~20:30

■会場
新大阪KOKOプラザ 別館1Fミニイベントルーム
大阪市東淀川区東中島1-13-13 (新大阪駅より徒歩5分)
会場までのアクセス(リンク

■参加料金:2000円
(※APHOC有料会員は無料でご招待いたします。)

2016年9月2(金) 18:30~

お申し込みは、こちら
}
a:2439 t:1 y:3

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional