日本・アジア新興国・豪州・米国・・・国境を超えて投資する人のためのポータルサイトです。

11月26日 カナダ不動産と融資環境セミナー@東京

11月26日 カナダ不動産と融資環境セミナー@東京

カナダは、日本人が融資をひいて不動産投資する上で、おそらく世界一フレンドリーな国。不動産価格の65%まで融資、金利2%台、期間30年も可能。ですが、外国人向けの融資は厳しくなる傾向にあります。カナダドル安もあり、今が参入チャンスな不動産、融資の実際を知ろう。

画像の説明


移民流入と人口増加(総人口年間1%増)、住宅不足と低い空室率(全国平均3%台)、安定感のある国家・経済運営…3拍子揃った「カナダ」の不動産は、今後長期にわたって価値を上げ続ける期待が大きいといえます。

1カナダドル=80円を切る、近年まれにみる円高・ドル安。そして資源ブーム終焉による一時的な不動産価格の足踏み状態…今からカナダの住宅不動産に投資して資産を殖やすなら、融資と資産価値上昇を使った「わらしべ長者」モデルが最適といえます。

・円高の今のうちに、カナダの銀行融資をひいて、1戸目を取得。すぐ賃貸に出して、収支トントンか、少しプラスになる位でストレスなく運用する。

・10年後をめどに、1戸目が50~100%値上がれば、その空き担保を使って、2戸目を融資を使って取得。

・その約10年後、1戸目、2戸目の値上がりと、融資を利用して、3戸目、4戸目を取得。

・4戸からの賃貸収入があれば、自分用の年金ができる。お金が必要になれば1戸売って現金化しても良い。ここまでできれば、国家の年金財政が破綻しても大丈夫。


ですが、問題は「融資」。英米系先進国では、外国人向けの不動産融資は厳しくなる傾向にあります。リーマンショックの震源地となった「米国」の融資は概して厳しく、チャイナマネー住宅爆買いの影響を受けた「オーストラリア」と「ニュージーランド」は、今年に入ってから大幅な融資制限を始めています。

また、国によっては、外国人が不動産購入する際の「印紙税」を余分に徴収するなど、実質的な「ペナルティ」を課す動きもみられます。

そんななかで、「カナダ」の外国人向け融資環境は、一部都市を除けば比較的に緩い方だといえます。特に「2%台の金利」は世界的にも破格といえます。

・不動産価格の65%まで融資
・金利2%台
・30年融資も場合によっては可能


但し、融資は「時間との戦い」の面もあります。カナダの財務当局は外国人向け融資に対する監視を強めつつあり、あと1年もすれば、上記のような有利な条件で融資が受けられなくなる可能性も高いとされます。

いまどういう状況なのか?これからどう変わるのか?融資を引くにどうすればいいのか?…その辺の事情を、カナダ・カルガリーで活躍する、日本人融資コンサルタントに語ってもらいます。

また、経済復調の兆しも見え、「今が底値」の感もあるカルガリーのおススメ・お値打ち物件もいくつか紹介いたします。


画像の説明

講演者:市川隆久(いちかわ たかひさ)氏

画像の説明

IPC(独立系国際不動産コンサルタント)
1961年生まれ。東京外国語大学中国語学科卒業。1984年株式会社リクルート入社後、株式会社リクルートコスモス(現コスモスイニシア)へ転籍。25年間の在籍中、不動産営業・マーケティング・商品企画に従事。その後、海外不動産の販売に従事し独立。世界各国の不動産を視察、販売・セミナー講師を務める。30年のデベロッパー経験を活かし独自の不動産マーケティング理論を組み合わせた分析を得意とする。12ヵ国28都市の不動産を視察し現在も毎月海外視察を継続中。わかりやすい解説と不動産マーケットを知り尽くした深い視点からの語りが好評。宅地建物取引士。公認不動産コンサルティングマスター。


画像の説明

講演者:鈴木 学(すずきまなぶ)氏

2200名以上の会員を擁する「アジア太平洋大家の会」会長。大学卒業後、ITエンジニアとして世界で活躍。現在世界5ケ国で不動産を所有している。業界紙コラムの執筆や海外不動産セミナー講師の依頼も多く、ほぼ毎日更新されるブログは不動産投資家の間で人気を博している。中国語や英語でもグローバルに情報発信中。


■日程
2016年11月26日(土) 13:00~15:00

■会場:パズル一番町 セミナールーム2
千代田区一番町10-8一番町ウエストビル5階(東京メトロ「半蔵門」、「麹町」より徒歩3分)
http://team-amb.com/scs/?page_id=11 

■参加料金:2000円

(※APHOC有料会員は無料でご招待いたします。)

2016年11月26日(土)13:00~15:00

お申し込みは、こちら



a:2086 t:2 y:6

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional