日本・アジア新興国・豪州・米国・・・国境を超えて投資する人のためのポータルサイトです。

4/22 石原博光氏のカリフォルニア不動産オーナー創出講座@福岡

4/22 石原博光カリフォルニア不動産オーナー創出講座@福岡

陽光が燦々と降り注ぐ憧れの地「カリフォルニア」…不動産投資関連の著書累計11万部超を誇る石原博光氏は、2014年この地に移住し、米国の不動産投資・賃貸経営でも大成功をおさめています。石原氏から直接、「米国で不動産オーナーになって利益を上げる方法」を聞く機会を設けました。福岡で初開催企画!

画像の説明
画像の説明


ハリウッドセレブ、ビーチ、シリコンバレー…魅力あふれるカリフォルニアは、日本人にとってはもちろん、アメリカ人にとっても魅力的あふれる場所。

リーマンショックからいち早く立ち直った、ロサンゼルスやサンフランシスコの不動産価格はすでに高騰し、今から収益目当てで参入するのは難しくなってきました。

しかし、同じカリフォルニア州内で場所を変えてみれば、景色は一変します…例えば、石原氏が居を構える「ベーカーズフィールド」(Bakersfield)は、ロサンゼルスから北へ約2時間、石油産業と農業を中心とする都市。

ここならロサンゼルスの3分の1以下、1000万円台で戸建住宅が買えて、賃貸需要も旺盛で収益物件として立派に成立。ロサンゼルスの投資家が続々参入しており、価格が上がりつつありますが、まだ安い。

10数年後、ベーカーズフィールドは高速鉄道でロサンゼルスと1時間とかからず直結される見込みで、長期間の保有によるキャピタルゲインも十分期待できます。


石原氏と共にベーカーズフィールド収益戸建を内見中

画像の説明


石原氏が素晴らしいのは、かつて日本の不動産投資で財をなした「物件を安く仕入れ、低コストでリノベーションして、賃貸に出して家賃収入を得る」手法を、米国においても忠実に実践し、確実に利益を上げておられるところ。

米国(カリフォルニア)における、収益物件の見極め方、管理・賃貸経営のポイント、出口戦略・・・常に実践・進化を続ける、海外大家の生の声を聞こう!

また、「石原氏と行く、カリフォルニア不動産ツアー」のご案内もいたします。お楽しみに。


画像の説明

講演者:石原 博光(いしはら ひろみつ)氏

1971年東京生まれ。高校卒業後、まったく英語がしゃべれない状態で“単身渡米=初海外”のチャレンジングな留学を果たす。大学卒業後、商社勤務を経て1997年に貿易会社を創業。六畳ひと間で興した会社はすぐに年商1億円に達するが、そこを頂点に年々売上は減少し、たくさんの挫折を味わう。借金を抱え不安な日々を過ごすなかで、1冊の本に出会い不動産投資の可能性に開眼する。

自宅を担保にして借金で始めたアパート経営は、4年間で年商5,000万円の規模に達し、粗利60%をたたき出す。その投資手法を著した『まずはアパート一棟、買いなさい!』は17刷を超えるロングセラーとして注目される。

2012年からは家賃収入と一部売却で得た資金で、アメリカでも不動産投資をスタート。2014年に米国永住権を取得後、活動拠点をカリフォルニアに移す。現在、日本に3棟43世帯、アメリカに商業物件と5つの戸建てを保有する。本業と貸家業のほかに、執筆や投資家の育成にも携わる。通り名は“恵比寿のI”。


画像の説明

講演者:市川隆久(いちかわ たかひさ)氏

IPC(独立系国際不動産コンサルタント)
1961年生まれ。東京外国語大学中国語学科卒業。1984年株式会社リクルート入社後、株式会社リクルートコスモス(現コスモスイニシア)へ転籍。25年間の在籍中、不動産営業・マーケティング・商品企画に従事。その後、海外不動産の販売に従事し独立。世界各国の不動産を視察、販売・セミナー講師を務める。30年のデベロッパー経験を活かし独自の不動産マーケティング理論を組み合わせた分析を得意とする。18ヵ国43都市の不動産を視察し現在も毎月海外視察を継続中。わかりやすい解説と不動産マーケットを知り尽くした深い視点からの語りが好評。宅地建物取引士。公認不動産コンサルティングマスター。


■日程
2017年4月22日(土) 16:00~18:00

■会場:セールスアカデミー セミナールーム
福岡市中央区天神4-1-18 サンビル4F(福岡市営地下鉄「天神」より徒歩3分)

■参加料金:4000円
(※APHOC有料会員は、無料でご招待します。)

お申し込みは、こちら


13:30~15:30 「ドイツ不動産セミナー」
16:00~18:00「石原博光氏のカリフォルニア不動産セミナー」
両方ご参加される方は、割引価格5000円でご案内します。

お申し込みは、こちら


a:271 t:6 y:19

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional