日本・アジア新興国・豪州・米国・・・国境を超えて投資する人のためのポータルサイトです。

7/14 150万円からできるカンボジア土地投資セミナー@大阪

7/14 150万円からできるカンボジア土地投資セミナー@大阪

東南アジアの活力あふれる新興国「カンボジア」。建設ラッシュで地価上昇がすすむ首都プノンペンの土地に投資して、基軸通貨「米ドル」で資産づくりを加速してみませんか?150万円から投資できます。


画像の説明


世界に誇る観光名所“アンコールワット”を擁するカンボジアは、2015年に発足したAEC(ASEAN経済共同体)構成国のひとつで、隣国を上回る急速なペースで経済成長を遂げています。

今カンボジアでは首都プノンペンに人材と資金が集まり、インフラ整備が進み、外資も参入してオフィス、商業施設、戸建、コンドミニアムなど、建設ラッシュが続き、人口増加に伴い都市も拡大中。その結果、プノンペン市街地の地価は大幅に上昇しています。カンボジアの富裕層の間では、土地投資こそが最も安全に資産を増やす方法だと認識されています。


【プノンペン市街地の路線価推移(2013~16)】
画像の説明


カンボジアにおいて、外国人が個人名義で土地を所有することはできませんが、現地法人による土地購入は可能です。土地所有に関わる権利を証書化して安全度を高めることもできます。

それを使って、日本人の投資家が少額から投資でき、現地地価上昇を利用して資産を増やす仕組みを構築しました。カンボジアでは「米ドル」が実質的な通貨であるため、米ドルで投資し、利益確定が見込めるというメリットもあります。

プノンペン土地共同購入は、アジア太平洋大家の会で2013年6月にセミナー開催した実績があります(当時はAZ Newtownと呼ばれていました)。当時、会員が共同購入したプノンペンの土地は、3年を経過して大きく変貌しました。道路インフラと商業施設•住居の建設が進むにつれて、周辺の土地は軒並み上昇。先進国の土地では決して味わうことのできないスピード感を享受できるのがカンボジア不動産投資の魅力です。


【3年前、何もなかったところが、インターナショナルスクールに変貌!】
画像の説明


今回、セミナーでご案内するのは第二期分譲地になります。現状何もないですが「国道2号線とフンセン道路からのアクセス」、「周辺地域の開発の進展」をみると、数年後がとても楽しみな土地です。1万5千ドルから投資可能です。


画像の説明


【講演内容】(敬称略)

・2013~17カンボジア定点観測日記 (鈴木)
・人口増加とニュータウン計画 (菅原)
・ING NEW TOWNの魅力 (菅原)
・AZ NEW TOWNランドバンキングの詳細 (菅原)
・カンボジア視察ツアーのご案内 (菅原)



講演者 【菅原 貴靖氏】

画像の説明

株式会社ティーツープロデュース代表取締役

資産運用アドバイザー。アジアに3つの拠点を持ち、複数の国や地域の金融商品や不動産を提案するだけでなく、海外でのランドバンキング商品の組成も手がけ、外国人の実質的な土地所有を可能にした画期的なスキームが投資家からの注目を集めています。

日本国内の金融商品取引から得た経験を生かし、アジアを中心とした世界の金融商品に目を向け、2009年から日本人投資家へ向けた提案を本格的に開始。

【 ご提案するのは、自分が自腹を切っているものに限る 】というスタイルのもと、今後も新たな不動産投資や不動産経営を実践・ご提案していくため、海外の不動産・金融情勢の動きに常々目を光らせています。


講演者:鈴木 学(すずき まなぶ)氏

画像の説明

約2400名の会員を擁する「アジア太平洋大家の会」会長。大学卒業後、ITエンジニアとして世界で活躍し、現在は不動産専業。現在世界6ケ国で不動産を所有・運用中。業界紙コラムの執筆や海外不動産セミナー講師の依頼も多い。カンボジア・プノンペンには2013年以降、毎年渡航して、その変貌ぶりを体感してきました。

■日程
2017年7月14日(金)18:30~20:30

■会場  新大阪KOKOプラザ
大阪市東淀川区東中島1-13-13 (JR「新大阪」駅徒歩5分)

会場までのアクセス(リンク

■セミナー参加料金:1,000円

2017年7月14日(金)18:30~

お申し込みは、こちら




a:1197 t:3 y:5

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional