日本・アジア新興国・豪州・米国・・・国境を超えて投資する人のためのポータルサイトです。

9月29日 バングラデシュ土地投資セミナー@東京

9月29日 バングラデシュ土地投資セミナー@東京

人口密度世界一!日本の1/3、狭い国土に1億6千万人が暮らす国バングラデシュ。平均年齢22歳、経済規模はミャンマーの3倍、年率7%の経済急成長が続き、伸びしろは巨大。アジア最後発の国ゆえ、「比較的少額で自ら土地から仕入れて大きな利益を得る」ことが可能です。海外コンドミニアムを買うのではなく、首都の土地にこだわって大きな利益を手にしよう。

画像の説明

画像の説明


今年3月9日のセミナーで紹介した「交差点そば土地」が好評完売。あまりに好評により今回は一段と面白い「モノレール建設地そばの土地」を紹介します。



皆様は海外不動産投資と聞くと、「あぁ、海外コンドミニアム投資か」と思われるかもしれません。

海外コンドミニアム投資は、投資家がコンドミニアムに投資をする。そして、家賃収入をとりながら、売却して値上がり益をとる…これが通常の海外不動産投資と呼ばれるものです。

しかし、今回の話は違います。この投資の反対側に回るのです。つまりコンドミニアム用地を投資家に売る側に回るのです。

なぜか?

新興国の不動産は、客として買うよりも、売り側に回った方がはるかに利益率が高いのです!

画像の説明

具体的には、どうするのか?

土地を仕入れて一工夫する」のです。。

例えば、「まだ価値のない土地」を仕入れて、「付加価値をつけ」ると利益率が最も高くなるのです。

土地側に回った方が利益率が高いのは、いまコンドミニアム投資で人気の国、フィリピンやタイ、ベトナムなどでも同様。ですが、これらの国で自らデベロッパーになるには、多額の資金(数億~10億円)が必要となります。

しかし、バングラデシュはさらに後発な国ゆえ、数千万円とか1億円程度でも立派な開発事業者になれてしまいます。

そして、フィリピンとタイの合計にほぼ等しい、人口1.6億人のバングラデシュ。住宅需要は巨大です。経済急成長に伴い、富裕層も爆発的に増えています。

画像の説明

これまでと一味違った不動産(土地)投資、後発国ならではの大きな利益獲得のチャンス。是非、話を聞きにきませんか?


講師:佐藤 ひろき氏

元大手メディアの報道記者、アジア担当。アジア投資のエキスパートであり、各国に事業法人と不動産を所有。独自情報満載のセミナーは多い時で参加者300人を超える。税理士法人や大学やテレビにて講演も多数。説明が上手く、セミナー内容に迫力があり、スイスイと頭に入る分かりやすさが評判。これまで20万人以上に投資を伝授。

■日程
2017年9月29日(金) 19:00~21:00

■会場
東京都港区芝浦2−14−13 MCK芝浦ビル4階 (最寄り:JR田町駅)

■セミナー参加料金:1,000円
(APHOC有料会員は無料招待いたします。)

2017年9月29日(金)19:00~21:00

お申し込みは、こちら



a:997 t:8 y:35

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional