日本・アジア新興国・豪州・米国・・・国境を超えて投資する人のためのポータルサイトです。

002.イスタンブールでの不動産投資の魅力は?(イスタンブール不動産投資コラム)

トップ > イスタンブール不動産投資コラム > 002.イスタンブールでの不動産投資の魅力は?!
画像の説明

002.イスタンブールでの不動産投資の魅力は?


前回に引き続き、イスタンブール不動産について皆様へ情報をお届けしたいと思います。

突然ですが、、、 
スタンブールでの不動産投資の魅力って何でしょうか?

私なりに考えてみました。

1.東南アジアの様に、低コストで物件を購入できるか?
→イスタンブールは大都会です。 同レベルの価格帯で購入できる物件は無いとは言えませんがお勧めできません。

2.カナダ、ニュージーランドの様に、例えば老後の定住等を含んでの好環境か?
→イスタンブールは世界でも有数の安全で、美しい街とは言われていて、人々も親日家で、衣食も豊富ですが、実際日本人が住むにはまだ100%住み易いとは個人的な感想では言えません。
(理由=言語の問題、日本食スーパーやチャイナタウンが無い、駐在員等も含めて日本人の滞在者数が他の国の大都会に比べて少ない、、等‥)

3.アメリカの様に外国 人不動産投資家に対しての完璧なシステムや体制は完備しているか?
→トルコ政府は現在、法律の下で外国人不動産投資家に対しての受け入れ態勢を整備しつつ、歓迎をしていますが、まだ浅い歴史の為、アメリカの様にはいかないかもしれません。

始めから何か否定的な話になってしまいました、、。

では、何故イスタンブールへ投資する必要があるんだ? 何がメリットなんだ?
と思われるのは当然です。

その通りだと思います。

ご存知の通り、不動産投資という世界の中で、100%利益が出ます、保証します、と言うディベロッパーや不動産会社は信頼は出来ません。私共も そういった事をお話するつもりは毛頭ありません。

ただ言える事は、新興国の中でも今後必ず発展する国、トルコの最大経済都市であるイスタンブールには、外国人不動産投資家にとって、まだまだ未知数の可能性があるという事だけです。

ではどんな可能性?

これもこのコラムで簡単に説明する事は出来ません。 
会員の方々にこの様な言い方をするのは非常に失礼かもしれませんが、それが正直な答えです。
何故ならば、ここでは多様な方法での不動産投資をする事が可能だからです。

例えば、購入価格についてお話するとします。
約$80,000(もっと安価も勿論ありますが)~未知数(ア ラブの石油王が購入する?)です。
個人で購入する方法もあれば投資家同士で出資し合って購入する方法や、他の方法も可能です。

例えば、物件についてお話するとします。
マンション一室であったり、一棟であったり、一軒家であったり、新築ホテルであったり、築数十年のホテルをリノベーションするものであったり、土地であったり、その他諸々、、。
(と言ってもこれらは、基本的に世界共通でイスタンブールに限った事ではないかと思いますが)

イスタンブールのコラムには物件のご紹介をする写真を載せることはしません。何故ならば、もしその好物件を掲載したとして、会員の方々が興味を持ってくださり、その後購入 したいと言われる頃には既に購買済みになっているからです。
それほど、日々動いています。

一つ事例を紹介します。
長年の縁があるホテルのオーナーから私共に、ホテルを譲ってもいいという話がありました。
そのホテルはどちらかというと築の古い分野に入り、4回建てで、世界遺産であるイスタンブールの旧市街にあり、観光スポットへは徒歩数分の好立地でした。その時の価格が日本円にして約8千万円。

これを高いと思うか安いと思うかは個人個人で違います。
ですが例えば、このホテルをリノベーションして、旅行者が自炊できる様なアパートメントホテルにして、従業員コストをカットし最低限のサービスで回転さ せたとしたら、月々の高いインカムは確実に確保出来ますし、後々売却するとしても、この好立地にあるようなホテルは必ず、高値での売却は保証されています。

如何ですか、、?
8千万円という価格は私を含めて一般の日本人が簡単に購入できる金額ではありませんが、例えば信頼し合える仲間同士で出資したら?

結局このホテルも約1ヶ月位で購買済みになってしまいました。
きっと私共に特別に提示して下さった金額よりも相当な高値で、そのオーナーは売られたと思います。

もう一つ、これは土地です。
少しだけ古い話になりますが、知人の父親が、周りの人々全てが何故こんな所と疑問を持つようないわゆる何もない 荒地を購入しました。

その数年後、、。
F1レースがイスタンブールで開催される事になり、レース場がその辺りに建築される事になったのです。
現在では数十倍で売却できるそうです。

金額は臥せさせて頂きますが、一生働かなくても生活出来る程だと想像して下さい。
この様な話は日本では既に過去の話の感がありますが、まだこちらでは実際あるのではないでしょうか。

今回最初にも書きましたが、ここイスタンブールにはまだまだ未知数の可能性があります。

そして同時に早い速度で動いています。

私共は会員の方々にイスタンブールでの不動産をもっと知って頂きたく思っておりますが、物件を紹介する事はあ りません。

言葉を変えてみますと、例えば会員の方の中には、同じ金額でもスーパーで牛乳を買いたい方もいれば、果物を買いたい方もいるでしょう。
また同じワインでも、数万円のものを買いたい方もいれば、千円程のものを買いたい方もいるでしょう。

おわかりいただけましたか?

投資家の方々のそれぞれの目的、条件、希望は千差万別。
その一人、一人の方々に対して、それぞれお応えするのが本来だと考えています。そしてお力になれればと思っております。

百聞は一見にしかず。。。
まずは、まなちゃんこと鈴木会長が、近々こちらに視察に来られるとの事ですので、コラムでは伝えきれないイスタ ンブールの今をさらに深めて会員の方々に伝えて頂けるのではと、期待しています。



山内理美



山内理美

藤江プロフ写真

大学卒業後、大手商社にて外国為替部門で就業。
その後、アメリカへの短期留学をし、二十代はインドネシア、ジャカルタにて、日系銀行秘書、旅行代理店等をして過ぎる。
その後帰国し日本で暮らすが、思い立ち、世界一周旅行に出る。
現在。。。。

トルコ、イスタンブールにて旅行代理店を経営する現地人の ビジネスパートナーとして経営、運営に参加

私共の旅行代理店は認可を取得してから15年以上が経ち、世界各国からこの地イスタンブールに来られる観光客の皆様への旅に関するサービス全般をさせて頂いております。
また同時に、今後益々発展していくであろう新興国トルコに世界からの目が注がれている今、色々な事業も進めており、またさらに枠にはめず新しい事をさらに開拓していく予定です。

内容一例;
・外国人不動産投資家(個人、企業)の方へのイスタンブールでの投資におけるコンサルタント、サポート全般
・不動産視察ツアー等の企画、実行
・銀行口座開設等のサポー ト
・イスタンブールでの会社、店舗等の設立に対するコンサルタント、サポート全般
・輸出入

尚、パートナーは南アフリカでのビジネス経歴有り。、南アフリカの不動産等のコンサルタントも可

まだまだ日本人には不動産投資やビジネスでの認知度が低い、この地トルコ、イスタンブールをこれからもっと会員の皆様にも知って頂き、未知数のチャンスをつかんで、開拓して頂く為のサポートを私共はあらゆる方面からサポートさせて頂きます。


山内理美さんへファンレターを出そう!

今回のコラムはいかがでしたでしょうか?一言で構いませんのでぜひ、感想をお寄せください。執筆の励みになりますので(^^)。

お名前(姓|名) *
メールアドレス *
お住まいの地域
内容 *

a:1620 t:1 y:2

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional