イベントを読み込み中

« イベント一覧

  • このイベントは終了しました。

2020/6/1 オンラインセミナー「外国人が合法的に買えるカンボジア土地紹介」

6月 1日 @ 14:00 - 15:00

東南アジアで急成長の国カンボジアで土地が買える!!!首都プノンペン近郊で、価格上昇スピードが最も速い不動産は「土地」です。とはいえ、同国では法制度が確立途上で、日本人投資家にとって土地権利関係の確保が難しい課題でした。ですが2019年1月に信託法が整備され、ようやく「外国人による適法な土地所有」に道が開かれつつあります。

 

高い経済成長率が続く新興国カンボジア。成長スピードの速さは目覚ましく、首都プノンペンの街もどんどんインフラ整備され、住みやすい都会に変貌しています。

その成長をお金に換えるべく、これまで「ランドバンキング」なる投資手法が日本に紹介されてきました。但しこれまでは法律面が未整備で、「カンボジア国籍のパートナーが51%保有して共同所有する」、「カンボジア人を代表者にして現地法人を設立する」といった方式が主流でした。顧客目線で正直にやってる事業者さんもいる反面、現地パートナーとトラブルになったり、仲介会社に資金を持ち逃げされたりする話もありました。

 

そんなカンボジアも時代が進み、混沌の時代は、終わりを告げようとしています。信託法が昨年2019年1月に整備されて外国人による適法な土地所有が可能なスキームができたのです。まだ施行されたばかりで一般には認知はされていませんが、カンボジア土地投資への敷居はかなり下がったと思います(カンボジアの信託法、英語原文を日本語にGoogle翻訳

 

一言でいうと、カンボジアで信託受託者に費用を支払えば、外国人でも合法的に土地の取得が可能になりました。

今回のセミナーでは、カンボジアの大手銀行であるカナディアバンクの子会社(Cana Trust Co,.LTD)を信託受託者に設定して、外国人でも買える、プノンペン近郊のおすすめ土地情報を公開します。

 

 

この土地のセールスポイントは、3つ。

・ハードタイトル(国土整備・都市化・建設省の管轄下にある登記所に正式に登記される権利)
・接道している土地
・その割に破格に値段が安い。


最終的な出口は、住宅開発業者への販売となると思いますが、近隣のルート42沿いで数ヶ月前に平米単価140ドルでも取引されていることを考えると、破格の安さと言えます。

 

講演者:投資家あおやま(青山英明 氏)

日本でのアパートを複数棟所有していましたが全て売却。現在はカンボジアに移住して、ここカンボジアでは不動産仲介会社をしています。今の所は首都プノンペンに特化した、投資家目線での不動産を紹介しています。

 

 

6月1日(月)14時~ 参加費無料

お申し込みは、こちら

 

 

 

下記のフォームへ必要事項をご入力ください。

折り返し自動返信でメールが届きます。

※アジア太平洋大家の会無料メルマガをお送りします。

詳細

日付:
6月 1日
時間:
14:00 - 15:00
イベント タグ:
, , , , ,

主催者

アジア太平洋大家の会
国際不動産エージェント
下記のフォームへ必要事項をご入力ください。

折り返し自動返信でメールが届きます。

※アジア太平洋大家の会無料メルマガをお送りします。