日本・アジア新興国・豪州・米国・・・国境を超えて投資する人のためのポータルサイトです。

7月16日 220万円からカナダ新世代土地投資セミナー@東京

7月16日 220万円からカナダ新世代土地投資セミナー@東京

カナダより新しい不動産投資のご提案。2008年創業のU社が推進するランドバンキング(土地投資)は、「都市近郊の宅地を安価で仕入れ、住宅開発とゾーニング変更により価値を上げる」手法により、比較的短期間での利益確定が見込める案件となっています。日本円で220万円程度から始められます。


画像の説明

「ランドバンキング」とは、将来開発予定のある未開発の土地を安価に購入し、開発計画の進捗と共に土地自身の価値を引き上げて、購入した価格よりも高く土地を転売するという古典的な不動産投資スキームです。本場は北米(カナダとアメリカ)。

日本に紹介されている北米ランドバンキング案件の多くは、「農地を安価で取得し、地目変更して宅地にして、デベロッパーや年金基金に転売」という手法をとるもので、確かに大きな利益が望めますが、場所や状況によっては利益確定までの時間が長くかかる(7~8年以上)ことが悩みの種といえます。

一方、カナダ・アルバータ州の カルガリーに本拠を置く新興ランドバンキング企業、U社が採用するのは、「都市近郊で、地目が宅地になっている土地を安く仕入れ、ゾーニング変更による建蔽容積率変更により価値を上げる」という新しい手法で、短期間(2~3年間)での利益確定が期待できます。小口(25,000カナダドル⇒約220万円)ではじめられるのも良いですね。


画像の説明


【案件概要】
◎シンプル且つ、ハイリターンなキャピタルゲインの見込めるランドバンキング。
◎土地はアルバータ州カルガリーの主要高速道路沿いに面した好立地
◎最低投資金は CAD25,000 でその後は CAD1,000 単位で上限なし
◎2011年開始。隣接した5つのプロジェクトのうち、最後のプロジェクト販売
◎償還予測期間:2−3年。想定リターンは2−3倍



なお、当セミナーでは、ほぼ同じ投資額「30,000カナダドル⇒約260万円から」はじめられる、「家賃収入付きのカナダ商業物件投資」もご紹介いたします。お楽しみに。


画像の説明

【講師】松下新(まつしたあらた)

1977年 ミシガン大卒、同年 マッキャンエリクソン博報堂入社
1981年 ケミカル銀行(現JPモルガンチェース)を皮切りにリーマンブラザース、UBSなどを経て、2009年よりジブラルタル籍英系投資助言会社にて 海外投資アドバイザー、現在に至る
2015年よりカナダ、アーバンスターキャピタルにおいてアジアパシフィック・バイスプレジデント


画像の説明

【通訳】和田 江美子(わだ えみこ)
LRosenberg Consulting (米国法人)Global Manager
ReDev Properties Ltd.(カナダ法人)Japan Marketing Consultant

高校時代のロンドン留学を経て、上海東華大学付属Raffles Design Institute 卒業。Fashion Marketing専攻BA取得。東京と香港に拠点に置く製造系日本企業にて海外事業開拓を担当し、グローバルビジネスの経験を積む。2014年より世界最大の金融先物取引所シカゴ・マーカンタイル取引所の元会長、ローレンス・ローゼンバーグが代表を務める国際金融コンサルティング社のグローバルマネージャーに抜擢。現在は日本在住者のための「グローバルな資産保全・分散投資・資産運用」に関するコンサルティングをおこなう。また資産運用の分野だけでなく、海外留学インターン紹介などグローバル人材育成・海外進出支援も手がける。ファイナンシャルプランナー資格保有。

■日程
2016年7月16日(土) 13:00~15:00

■会場:パズル一番町 セミナールーム
千代田区一番町10-8一番町ウエストビル5階(東京メトロ「半蔵門」、「麹町」より徒歩3分)
会場までのアクセス(リンク

■参加料金:2000円

(※APHOC有料会員は無料でご招待いたします。)

2016年7月16日(土)13:00~15:00

お申し込みは、こちら



a:2165 t:2 y:0

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional