日本・アジア新興国・豪州・米国・・・国境を超えて投資する人のためのポータルサイトです。

003.カリフォルニア投資のエリア戦略(カリフォルニア不動産投資コラム)

トップ > カリフォルニア不動産投資コラム > 003.カリフォルニア投資のエリア戦略
画像の説明

003.カリフォルニア投資のエリア戦略(2012.11.12更新)

こんにちは、アメリカ不動産投資ナビゲーター
を務めるmi6小嶋です。

前回は、具体的なアメリカ不動産投資9つの魅力について
お話をさせていただきました。

前回のお話は、以下のブログでご覧いただけます。
URL:http://ameblo.jp/misix

今回は、そんなアメリカ不動産投資の中でも私達がご紹介可能な
カリフォルニア不動産投資についてその魅力をご紹介します。

常に世界中から魅力を集めるカリフォルニア州ロサンゼルス

全米一の人口と産業であるカリフォルニア州は、州を一つの国と捉えれば、GDPではなんとイタリアに匹敵する世界第10位を誇ります。

そのカリフォルニア州の中でも、人口、産業が第一位であるロサンゼルスは、気候の素晴らしさ、様々な産業、人種の多様性により、メキシコ人を中心としたヒスパニックを中心に、世界中からの移住地として魅了し続けています。

その中でも特記すべきことは、これら諸外国からの移民増加、先進国一の出生率により今後もますますの人口増加があります。


今までに類を見ない、過去80年来の最高の投資機会

サブプライムローン問題により、リーマンショックなどが誘発され、最も
不動産取引が盛んであったカリフォルニア州、特にロサンゼルスの住宅用
不動産は2005年度第1四半期から価値が急速に下がり、場所によっては
50%以上下落しました。

しかし、2009年2月に底値を打ち、その後は安定した価格推移となっています。

また、取得した住宅を賃貸物件として貸し出す場合、家賃収入が粗利益20%弱と、金利に比べて大変高くなっているため、毎月の家賃収入の「キャッシュフロー」及び物件自体の価値の上昇による「キャピタルゲイン」の両方を取得できるという大変魅力ある投資となっています。

現地パートナー企業が有する豊富な経験と人脈により、ベストな高価値物件を更にセレクトし、最適な価格で取得できます。

長年の経験により銀行が差し押さえて所有している不動産を著しく安価に取得することにより、マーケット価格より大幅なディスカウントにより物件を取得することを専門としています。

また差し押さえ物件を直接州から競売物件として安価に取得することもあります。

これらにより、短期間でマーケット価格にて売却できるだけではなく、万が一不動産マーケット価格が下落する傾向に転じても、マーケット価格より遥かに安価で物件を取得、短期で物件価格を上昇させて売却することにより、売却益を見込める戦略であると言えます。

物件に最大の付加価値を与えるリノベーション

信頼関係が十分築けている建設パートナー、下請けと共に、過去10年以上に亘り、何百ものプロジェクトを、各物件の付加価値をリノベーションにより最大に上昇させるために、計画、施工、完成まで完全なるコミニケーションの元、最短期間で行うことで、成功を収め続けています。

リノベーション後、転売しても、賃貸しても、どちらでも最高の収益物件になり得るエリア戦略

物件を取得する前に、徹底した物件調査を重ねます。

投資としての適合性と収益性があるかの調査として、何千もの潜在的業務を確認だけでなく、ゾーニング(用途地域)確認、建築基準、行政施行問題確認、家賃統制規則確認、保険標準確認、建築規制法確認、および予業務経費とリノベーションコストを様々な調査により正確に把握しします。

その上で、最も物件価値を上げるリノベーションにより、高価で売却、或いは高い賃貸料収入がある収益物件として、投資パフォーマンスが十分見込める物件のみを、何百もの物件から選定します。

お任せ楽々な完全委任プログラム

物件選定~改修計画~改修~テナント付け~管理・運営・レポートまでを全て日本語で楽々行うことができます。

また、各種ローンのご相談・ご紹介も可能です。

いかがでしたでしょうか。

次回は、いよいよ、具体的な個別案件をとおしてカリフォルニア不動産投資の全貌をご紹介いたします。

それでは、楽しみにしていてください。

MI6 Propety & Ventures 代表 小嶋 啓一



P.S. 11月24日にカリフォルニア不動産投資を題材としたセミナーを開催します。ぜひご来場ください。 ⇒ 詳細はこちら



画像の説明

小嶋 啓一

不動産投資家、経営コンサルタント且つサラリーマン
 
2000年 University of Colorado at Boulder MBA取得

保有物件:
国内:中古アパート2棟(1棟売却済み)新築2棟(建設中) 
海外:フィリピン コンドミニアム、タイ商業店舗共同オーナー
米国(2012年取得予定)その他
       
ブログ名「MI6」で以下4冊に寄稿

1.あと5年で会社を辞めて豊かに暮らす仕組みのつくり方―山田 里志 (著),
2.20億大家と10人のカリスマ大家が驚いた!―山田式元祖勝ち組大家術 山田 里志 (著), 龍前 隆 (監修)
3.入居率95%超えは一人勝ち市場を追え!「30年」連続「満室」大家戦略 龍前 隆 (著)
4.龍前流X×ミリオン錬金術― 龍前 隆 (著)

スタートアップベンチャーのマネージメントを得意とし、ITベンチャー複数社で取締役・監査役・顧問などの要職を歴任。資金調達/人材調達/組織づくりなどを得意とする。2010年から投資助言代理業並びに米国のネットマーケティングビジネスを展開する会社に勤務するサラリーマン


小嶋啓一さんへファンレターを出そう!

今回のコラムはいかがでしたでしょうか?一言で構いませんのでぜひ、感想をお寄せください。執筆の励みになりますので(^^)。

お名前(姓|名) *
メールアドレス *
お住まいの地域
内容 *

a:4608 t:1 y:0

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional